Roroのブログ

Roroのブログ

欅坂46、日向坂46について思ったことや拡散したいことを発信してしていけたらいいと思っています。

#31 小林由依1st写真集 感想他🇬🇧

最近、もっと時間があればって思うようになりました。時間があればもっとバイトして稼ぐし、大学の勉強も余裕を持ってやるし、部活でもプレーが上手くなれるかもしれないし、アイドルをもっと追いかけたり、もしかしたら推しについて知らない事がなくなったり、あとゲームもやりたい、映画も観たい、友達と遊びたい、休みたい、Twitterでもっと繋がりたい、ブログだって書き放題。でも、そう思えるのは今が忙しくて、充実してるからなのかなと思うと、なんか複雑な気持ちです。暇に感じるとやることを探して、忙しいとやる事が溢れていると感じる。不思議ですよね。

 

 

こんにちは、Roroです。

 

 

下書きが増えていく一方な最近のブログ活動に対する言い訳はこのくらいにします。

今回は、小林由依の1st写真集「感情の構図」が届いたので、これはさすがに更新しなきゃですよね。ってことで、感想等をつらつら書きたいと思います。あんま長くないよ。

↓↓↓公式Twitterです。

目次

f:id:roro46:20190315080047j:image

 

感情の構図

「感情の構図」は、欅坂46小林由依1stソロ写真集です。


f:id:roro46:20190315080047j:image

f:id:roro46:20190315080535j:image

f:id:roro46:20190315080545j:image

表紙は3種類あり、左から通常版、LoppiHMV限定カバー版、アマゾン限定カバー版です。自分はアマゾン限定カバー版が1番好きです。

 

写真(一部公開済みのもの)

f:id:roro46:20190317201527j:image↑写真集に載ってるこの写真の前のカットとその前のカットが結構好き。
f:id:roro46:20190317201532j:image
f:id:roro46:20190317201521j:image
f:id:roro46:20190317201554j:image↑水着はこれ以外にも2、3種類くらいある。

f:id:roro46:20190317201537j:image
f:id:roro46:20190317201542j:image
f:id:roro46:20190317201547j:image

いろんな表情が見れるなぁと思ったな。同じような顔をしてても、少しの違いに「この瞬間は何を考えていたんだろう」って思わされる。

 

感想

感情の構図の感想

1週目はページをめくるのに必死で、どんどん「次は、またその次はどんな小林が見れるんだろう」っていう感じになりました。その分2週目以降は1ページごとに感情移入できるというか、表情を見ようとできました。

個人的に意外だったのは、ページをめくることに躊躇がなかったことです。アイドルの写真集ってもっとこう、親に隠れてドキドキしながら密かに読むようなものだと思っていました。興奮が止まらないというよりは、小林の美しい自然体を眺められるような感じだなぁと思いました。

 

初写真集としての感想

写真集の良さってなんだろうって考えました。"坂道グループが写真集を出す=水着やランジェリー姿を披露する"という風潮がありますが、そういう「待ってました」みたいな解禁的な要素とは別にある、写真集の本質にある良さです。

本質というのは、写真集を出して売れる見込みのあるくらい人気が出てきたメンバーもしくは売り出していきたいメンバーを選出するとかそういう話ではなく、写真集を出すことが決定したその後の話です。つまり、発売決定後に「さてどんな一冊にしようか」という写真集にしかない方法で引き出す魅力が本質です。被写体の性格や表情、雰囲気までを写真のみでどう表現するかがしっかり考えられていると感じられる写真集が、最高の写真集なのではないかと思いました。「感情の構図」は最高の写真集になったと思います。

アイドルグループにおいて、メンバー個人が単独でフューチャーされる機会って相当少ないと思うんです。写真集は、自分を知ってもらう上でとても大きな武器になるものだと思います。小林由依の1st写真集「感情の構図」に写る彼女の魅力は、既に小林に魅了され済みの自分にもしかと感じられました。一応自分は小林がイチ推しであり、魅力も素敵なところも分かっていたつもりでした。かなり掘り下げたところまで知っているはずの推しメンの魅力をさらに上書きされるのは、こういう個人をとことんフューチャーした写真集でしかできない、チートみたいな一手だなと思いました。好きがありえん増しました。

 

まとめ

写真集は当人の魅力を凝縮した一冊ですが、やはり人間1人分の全てを一冊に仕上げることなんかできない、というのは思いました。あくまで「好きになるきっかけ」や「魅力の+@」な一冊だなという印象です。それでもこの「感情の構図」は、小林由依の良さを知る上でとても大きな一冊になっていると思います。

f:id:roro46:20190319140802j:image

言いたいことはこのくらいです。写真集についてをいくら言葉で語っても、伝わるのはうわべだけのような気がします。写真集って言うんですから、写真が大事なんです。その瞬間の切り取り、写真だけで表現された彼女の魅力を、直接感じ取ってほしいです。