Roroのブログ

欅坂46、けやき坂46について思ったことや拡散したいことを発信してしていけたらいいと思っています。

#15 太陽は見上げる人を選ばないについて。

漢字欅ひらがなけやきの曲を掘り下げていくうちに、それぞれのグループの曲の特徴がわかってきました。

漢字欅は世界観がハッキリしていて、繋げればそれで一つのストーリーのようになりそうな曲が多いです。その世界観から外れた恋愛や青春を歌う曲なども少なからずあります。しかし、欅坂46というものを作り上げている世界観の軸が大きすぎて、キラキラしたような曲の意味が薄れて良いメリハリにはなっていない気がします。その分、これが欅坂46だと言わんばかりの曲は理解しやすいと感じます。

一方のひらがなけやきは、キラキラしたような正当なアイドル像を掲げながらも漢字欅のもつ価値観を取り込んでいる印象です。曖昧と言われてしまえばそれまでですが、全体として見れば整っています。でもその全体の括りが大きすぎて逆にハッキリしない部分があり、そこが掘り下げていてとても面白いと思いました。

漢字欅の方がストレートな意思をぶつけてくるような歌詞が多く、そのままで分かりやすい。そういう曲以外もそれといって深読みするほどの歌詞はなく、比較的単純で分かりやすい。それに対してひらがなけやきは遠回しに何か伝えようとしているような歌詞。全ての曲に、けやき坂46アイデンティティーがざっくり含まれているような。そのざっくりさにこそ、深読みや考察のしがいがあります。

漢字は瞬間火力が異常に高くてあとは並、ひらがなは平均火力が高い、そんな風に感じました。でも売れるグループって瞬間火力が大事なんですよね。そのインパクトで名前が売れるわけですから。そういう点で、今は漢字欅の方がインパクトを残す瞬間が多いと思います。しかし、1つ、漢字欅に劣らない、ひらがなけやきのこれまでの曲の全体像をハッキリと示すような、彼女たちの象徴になれる曲が生まれたら、追い抜きさえすると思います。

どちらも曲について考えるのは、曲やグループを理解できて楽しいし、素晴らしさを再確認できるので、これからもしていきたいと思います。

 

こんにちは、Roroです。

 

前置きが長くなりました、すみません。

今回は「太陽は見上げる人を選ばない」という曲について考えてみようと思います。

目次

f:id:roro46:20180911125312j:image

 

楽曲について

この曲は欅坂46のアルバム「真っ白なものは汚したくなる」のTYPE-Aに収録されています。歌唱メンバーは、漢字欅ひらがなけやきの一期生、合わせて32名。4thシングル「不協和音」収録の「W-KEYAKIZAKAの詩」以来の合同曲です。

 

歌詞について

↓↓↓こちらが歌詞です。

誰かに何かを言われて
ここから動きたくなんかない
この場所が好きだから
今 僕は自分の足で立ってるんだ

限られた大地には
多くの人たちがやって来て
何度も争ったけど
境界線なんていつの日か消えて行く

それぞれの
話す言葉とか信じるものが
一つじゃなかったとしたって
最後はわかり合えるだろう

太陽は
どんな時も
この空
見上げる人を選ばない
平等に愛と温もり与えてくれるんだ
悲しみの厚い雲に覆われたとしたって
遥か遠く輝きながら
その祈りに頷いてる

OH OH OH…
OH OH OH…

どっちが先に来たとか
声荒げても始まらない
お互いのその場所を
認め合い向き合って立っていよう

共存をしたことで
どこかにもし影ができたなら
譲れることはないか
光はどこにあるか 話し合えばいい

言葉にした
愛の発音は違ったって
やさしい気持ちになれるのは
同(おんな)じ人間だから

太陽は
ただ輝き
眩(まぶ)しく
見上げる人に微笑んでる
この世に存在するだけで希望を持てるよ
真っ暗な長い夜が訪れたとしたって
寂しさをそっと埋めるのは
迷いのない生き方だけ

新しい風が今
吹き抜けて拓(ひら)けたよ
遮るものがなくなった
自由が目覚めたんだ
もうすぐ夜が明ける
何かが変わるだろう
あの空が白んでる
美しい朝焼けだ
さあみんな 見上げよう

太陽は
どんな時も
この空
見上げる人を選ばない
平等に愛と温もり与えてくれるんだ
悲しみの厚い雲に覆われたとしたって
遥か遠く輝きながら
その祈りに頷いてる

OH OH OH…
OH OH OH…

 

引用元:http://j-lyric.net/artist/a05b333/l04159a.html

歌詞についてとは言っても、この曲、深読みしたり考えさせられるような歌詞はほとんどありません。

みんな分かり合える。平等で分け隔てなんかない。平等に光や愛、温もり、希望を与える太陽は、その象徴だ。

歌詞のままが全て、ストレートです。

 

32人曲であること

考える上で忘れてはいけないのは、この曲は合同曲だということです。漢字欅ひらがなけやきは2つで1つ、一緒に歩いて行こう、そう歌った「W-KEYAKIZAKAの詩」の次の曲です。初めから合同曲として作ったのか、あとから合同曲にしたのかは分かりません。でもどちらにしても、わざわざ32人曲にするからには理由があり、それは2つのグループの関係を表すものなはずです。直接的にでも、間接的にでも。

f:id:roro46:20180913073748j:image

 

欅・けやき坂組に重ねるもの

この曲を聴いていて、2つのグループに向けた歌詞にも取れると考えました。

漢字欅ひらがなけやきは同じ坂道を名乗っているものの、その境遇や道のりは知っての通り、全く異なります。同じアイドルではあるが、違う道のり。これって、同じ人間ではあるけど、違う言葉を話したり境界線があったりするこの歌詞に似たようなものを感じませんか?アイドルという世界ではお互い競い合う関係で、嫉妬や羨望(せんぼう)は当然ある。けれどそういうギスギスするような境界線もいつの日か消えていく。1番と2番、両方のAメロの歌詞と重なる部分があると思います。その重なる部分に、32人で歌う意味があるんです。

今まで曖昧だったけやき坂46の存在は、この曲を作る前後で大きく変わったと思います。欅坂46のアンダー的な存在として誕生してから、選抜でも漢字欅と入れ替わることなく影に居続け、ずっと報われないグループでした。しかしこの曲で、欅坂46の1番のライバルとして完全に別のグループになったことを提示していると思います。

 

まとめ

この曲とこの曲を収録しているこのアルバムが、漢字欅ひらがなけやきを完全に分けるキッカケになったのは、その後のドラマや5thシングルでの長濱ねる兼任解除から分かると思います。

漢字欅ひらがなけやきを分けることは、本当に難しい判断だったと思います。分けると、完全に独立したグループとして活動していきますが、そこには大きな差があります。当時は曲数も知名度もまるで違いました。そのまま漢字に押しつぶされてしまう可能性もあったと思います。しかしこの曲は「そんなことはない。太陽は見上げる人を選ばない、希望を与える人を選んだりしないよ。」と伝えています。今では二期生が加入、単独アルバムで全国ツアーも行い、舞台やテレビでの活躍も増えているけやき坂46。このけやき坂46は特に「太陽は見上げる人を選ばない」を体現していると思います。曲自体の持つメッセージが与えた希望は、曲を聴く側だけでなく、歌う側にも届いていたに違いありません。

現在、完全に別のグループになった21名の欅坂46と20名のけやき坂46。総勢41名になった欅・けやき坂組。少しすれば二期生と三期生が入ってきます。また合同曲が書かれることはあるのか、楽しみです。けれど今泉佑唯(ずみ)は7thシングルをもって欅坂46を卒業されてしまうんですよね。ずみが41人の合同曲をとても願っていたようで、願い叶わず悲しいです。現状3人が欠ける欅坂46の今後も心配ですが、大丈夫だと信じています。別グループになってから、欅共和国というライブか漢字欅ひらがなけやきの揃う(ほとんど)唯一の場になっていますが、そういう場があること自体がチャンスです。密かに合同曲を期待してます。

f:id:roro46:20180913074431j:image

f:id:roro46:20180913074406j:image

41人だと、歌のパート割りとか大変そうですね。