Roroのブログ

Roroのブログ

欅坂46、けやき坂46について思ったことや拡散したいことを発信してしていけたらいいと思っています。

#6 オリジナル企画その①

カタミラとかオトシンとかセカアイとか。略称が漢字の部分だからカタカナで書くのって、なんかカッコよくないですか?でも「手を繋いで帰ろうか」って「手つな」ですよね、なんか可愛い。あと「誰よりも高く跳べ!」は「誰跳べ」とそのままだったり。個人的には「月曜日の朝、スカートを切られた」の「月スカ」って略称が1番好きです。漢字とカタカナのハイブリット!

 

こんにちは、Roroです!

 

今回のブログは半年くらい経ってネタが尽きた人が思いつくような内容ですが、温めておくほどの内容じゃないし、まあまあ面白いんじゃないかと思ったので今やっちゃいます。

欅坂46の曲についてならどの曲でも語れるんではないか。一つ一つの曲にそれぞれの世界があって、繋がっていたり、独立していたり。でも、どの曲について語ろうか?選曲が難しい。そう思ったRoroは、こんなことを思いつきました。それは、曲をシャッフル再生して、流れてきた曲についてその曲が再生されている間に語るということ。次の曲が始まったらその曲について語る。それなら迷うことなく思ったことをスラスラ書けるのではないか?と思いました。これは面白い!やってみたい!

ということで、やってみようと思います。題して「シャッフル再生トーク!曲が終わるまでに語り尽くそう!」。今回はWALKMANのプレイリストの関係上、1stシングルから6thシングルと漢字欅の1stアルバムのみでシャッフル再生します。

んー、できるかな?

f:id:roro46:20180727221950j:image

(タイトルは、終わった後に正式な名前を加えることにします)

 

まずは、Overtureでスタート!!!

Overture

緊張する〜。

Overtureって、聴くだけでブチ上がりますよね。なんなんでしょうか。「オー!オーオーオー!」とか声出したくなります。

よっしゃ、次の曲が始まる!

 

大人は信じてくれない

オトシン!!!

Overtureからのオトシンは、有明コロシアムで行われたクリスマスライブを思い出しますね。あれが初ワンマンライブ、シビれます。当時はAbema TVでの中継を見ていました。

なんでこんなにカッコいいんでしょうか。二人セゾンのカップリングというのも良い位置ですよね。裏表題曲のような。欅坂46の骨の一つような曲です。

 

もう森へ帰ろうか?

もう森!!!

いやー、すでに良いセトリですね。もう森はかなり好きな曲です。世界観も音楽性も、避雷針やエキセントリックに近いような。この曲もまたカップリングなんですよね。表題曲とは違う角度の世界観を、カップリングだけでその流れを作ってしまえるのには、凄みを感じます。

この曲は欅共和国2018で、平手がいる状態で披露されました。一つの別の世界を見ているようでした。

 

イマニミテイロ

f:id:roro46:20180728064913j:image

イマニミテイロ!!!

この曲はやばい。ひらがなけやきの曲の中でも1番好きと言ってもいいかもしれない。#5で話した「東村芽依を推すキッカケ」になった曲でもあります。

この曲はタイトルの通り「これから私たちひらがなけやきが表に立つ時だ。漢字欅よ、イマニミテイロ」って感情がこもっています。武道館ライブで初披露され、その日に単独アルバムの発表もありましたよね確か。自分には、ひらがなけやき躍進の決意の曲に思えます。最高です。

 

沈黙した恋人よ

沈黙!!!

りまちゃんちっくですね。サビの高音がとてもキレイで、流すたびに聴き入ってしまいます。この曲はけやき坂46SHOWでも披露されていて、そのときの生歌は感動できます。問いかけるような歌い方も好きです。ユニットは、一人一人の声がしっかり聴けるので、歌声で魅せてくれるような曲なのが素晴らしいです。

 

キミガイナイ

キミガイナイ!!!

漢字欅の中で多分1番好き。これもクリスマスライブでのパフォーマンスを見て惚れ込みました。欅共和国2018でも披露されたのですが、泣きそうでした。

静かに達観したように歌っているのが本当に心に沁みます。「本当の孤独は誰もいないことじゃなく、1人にされているこの状況だ」と。なんて突き刺さる歌詞でしょうか。心の揺れを表しているようなダンスも好きです。

 

AM1:27

 

AM!!!

「オオ!オオ!オオ!」テンション上がりますね。平手、鈴本、小林の、欅坂の御三家とも言える3人のユニット曲です。最強のユニット。

この曲も、欅共和国2018で披露されました。めっちゃカッコよかったです。でも、最近はあんまり聴かないなー。聴かなきゃ。

 

世界には愛しかない

f:id:roro46:20180728064735j:image

セカアイ!!!

待ってました。圧倒的疾走感。神曲ポエトリーリーディングが印象的な曲です。「世界には愛しかない。信じるのはそれだけだ」こんな純粋なアイデンティティを爽やかにぶつけられたら、圧倒されてしまいますよね。この曲はライブでも1番といっていいほど盛り上がる曲です。

「涙に色があったら、人はもっと優しくなる」という歌詞があるのですが、ああ確かにそうだと思わされます。そして最後にオタクはこう思うのです。「世界には愛しかないんだ!」と。

あとMVが神。

 

渋谷川

渋谷川!!!

小林由依今泉佑唯のユニット「ゆいちゃんず」が初めてもらった曲ですね。ゆいちゃんずは現在5つほど曲を持っていますが、その中でも1番好きな曲です(#5でも言ってます)。そしてなによりハモり!聞きやすいシンプルなメロディに乗せる二人のハモりがとてもキレイです。好きだわー。

 

 

と、ここまで!このままだと全曲いっちゃいそうなのでストップ!(...というのは少し言い訳で、本当は語れるまで聴き込んでない曲が流れて...、はい。許してください)

欅共和国2018で披露された曲が多くあって、フラッシュバックして共和国の感想みたくなってしまいましたね(笑)。それに全体的に語るというか、余計な説明とか入っちゃったり、曲が終わりそうで焦ってちゃんとシメられてなかったり、結構難しかったです。ちょっとそこは大目に見て下さい。

f:id:roro46:20180727232743j:image

以下が、今回聴いた曲です。

まあまあ多いですね。今回やってみて思ったことは2つ。1つは「欅坂46の楽曲は素晴らしい」ということ。そしてもう1つは「時間に追われるのは嫌だ」ということ。書きたいことがまだまだあるけど曲がもう終わるってなるのが大変でした。一瞬で言葉をまとめるのも、自分にはまあまあ難しいことでした。結果的には、全体的に雑になってしまったなーって思います。でもやってる側としては面白かったので、またクオリティを上げて挑戦したいです。