Roroのブログ

Roroのブログ

欅坂46、けやき坂46について思ったことや拡散したいことを発信してしていけたらいいと思っています。

#4 アンビバレントについて。

欅坂46の7枚目にあたるシングルの表題曲「アンビバレント」のMVがやっとこさ公開されましたーー!!(カッコいい...やべぇ...)

 

↓↓↓こちらがMVです。

こんにちは、Roroです。

 

待ちました。はい。一部をニュースで公開から24時間以上耐久はまあまあしんどかったです。でも!!もうそんなのは関係ない!!

いつも期待を超えてくれる欅坂46!ハンパないです!なんというか、全員のダンスのレベルのギアが2段階くらい上がっていて圧倒されました。ストーリー性も高く、よくこんな上手にアンビバレントを表現できるなと思います。凄すぎる...。

f:id:roro46:20180727070417j:image

この曲「アンビバレント」は、野外ライブ「欅共和国2018」の最終日23日のダブルアンコールで初披露されました。そして音源自体は7月23日の月曜日に「SCHOOL OF LOCK!」というラジオ番組で解禁されていました。それから4日足らずでMV解禁。贅沢です。

 

アンビバレントの意味は、相反する二つの感情を一度に持ったり相反する態度を示すことです。歌詞にも「1人になりたい なりたくない」とあるように、己の中の葛藤を表面化したような曲です。

曲を耳で聴いて一番面白いと思ったのは、Aメロです。ラップ調で入るのですが、その入りがすごく早い!サビから始まる表題曲は「二人セゾン」以来ですが、サビからAメロが始まるまでの時間が一拍もない!欅坂46でラップ調の曲といえば「エキセントリック」が挙がると思いますが、サビから2番のAメロにかけて余裕があります。「アンビバレント」にはそれがない。その流れが完璧に自然で滑らか。冒頭のサビで掴まれてそのまま引っ張り回されて気づいたら次のサビでまた掴み直される感覚。普通ならAメロ→Bメロ→サビまでが1番としてセットなのに、この曲はまるでサビ→Aメロ→Bメロがセットのように感じます。聴いている人が先入観から「Aメロからサビまでで一番」と思い込むので、この曲は休む暇なく終わりまで突き進みます。2番が終わるとラストのサビに向かう間奏がありますが、そこまできたらもう「アンビバレント」の世界の中にいるでしょう。いやー語れる(笑)。

MVに関しては、まだ解説できるほど考察できていませんが、世の中のしがらみからの解放を表しているそう。その解放者が平手であり、1番のサビにかけて、手でバッとやったり蹴ったりしてメンバーをしがらみから解放していきます。平手の表現力は言わずもがな最高峰です。今回もまたやってくれました(良い意味で)。

 

自分が注目したのは土生瑞穂です。そう、土生ちゃん。6枚目シングル「ガラスを割れ!」で短髪に。今作を含めて3作連続でフロントです。

f:id:roro46:20180727080556j:image

土生ちゃんは先ほど挙げた曲「エキセントリック」のサビではセンターになります。センターは平手の曲なのですが、「曲によっては、ポジション関係なしに、在るべき人間が在るべきところにいた方が世界観が伝わる」という振付師のTAKAHIRO先生の言葉から考えて、土生ちゃんが「エキセントリック」の世界観を人一倍表現できるという表れでしょう。実際、平手が不在だった「欅坂46デビュー2周年記念ライブ」では土生ちゃんがセンターを務めました。

f:id:roro46:20180727080328j:image

そんな土生ちゃん、この「アンビバレント」ですごく良い味を出してると思いました。

伝えにくいですが、映るべきところで映され、表情や表現をこの曲にピンポイントで当てはめてくる感じがあります。やべえ...イケメン。

f:id:roro46:20180727080923j:image

以前、バラエティ番組「欅って、書けない?」で選抜発表でフロントに選ばれたとき、前に誰もいないポジションに、不安やプレッシャーから涙を流す場面もありました。しかし今作のMVを見る限り、迷いは無いように思えます。

急成長しているのがまじまじとわかるメンバーって、見てると応援したくなりますよね。こういう自分の殻を破るメンバーがグループを上へ上へ導いて、それを見た他のメンバーもだんだん成長して、みんなで引っ張りあっていけるのがグループの強みなのだと思います。その先頭で先陣を切り続けるのが最年少の平手だと思うと、彼女ってとんでもないバケモノですよね(もちろん良い意味で)。土生ちゃん、頑張れ!

 

フォーメーションは次の画像の通りです。

f:id:roro46:20180726110016j:image

センターは7作連続で平手友梨奈。凄い。平手に対して「凄い」とばかり発言していますが、本当に凄いと思います。作品にして7つ、年にして約2年半もの間、21人の代表として先頭に立って引っ張り続け、何万人の人を自分たちの世界に引きずり込んでいく。それが16歳というのも驚きですよね。頭が上がりません。

個人的には、小林由依がフロントなのが本当に嬉しいです、推しなので。由依ちゃんについては今後またゆっくりと語りたいと思います。

 

これまでのシングルは、1枚目「サイレントマジョリティー」を除き21人全員選抜だったのですが、今回のシングルは、志田愛佳原田葵今泉佑唯の3人が欠けた形でのフォーメーションになっています。全員揃わないのはとても残念ですが、19人で素晴らしいシングルにしてほしいです。

由依ちゃんと土生ちゃんのユニット曲や、ひらがなけやきの「ハッピーオーラ 」も楽しみです!!!

 

↓↓↓ここから7th「アンビバレント」の情報のページへ飛べます。