Roroのブログ

Roroのブログ

欅坂46、日向坂46について思ったことや拡散したいことを発信してしていけたらいいと思っています。

#36 こんなに好きになっちゃっていいの?について。

Twitterのフォロワー数が2000人を突破しました!!

皆さんいつもありがとうございます!!

ブログの更新もTwitterの浮上も、以前に比べたら少なくはなってしまいましたが、欅坂46と日向坂46に対する熱量は大きくなっています!欅坂46のアリーナツアー2019追加公演 in 東京ドームに参加したときのブログも書きたいし、乃木坂46の曲についても書こうかなと思っています。あまり綺麗な文章ではないかと思いますが、これからも読んでいただけると嬉しいです。

 

 

こんにちは、Roroです。

 

 

10月2日に日向坂46の3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」が発売ということで、曲について書きたいと思います。日向坂46の曲について書くのは初めてなので、ちょっとドキドキ。

 

↓↓MVです。

目次

f:id:roro46:20191003114202j:image

 

楽曲について

この曲は日向坂46にとって3枚目になるシングルの表題曲「こんなに好きになっちゃっていいの?」です。略称は「こん好き」。センターはデビューから3作連続で小坂菜緒

 

歌詞について

以下が歌詞です。

こんなに…ねえこんなに好きになっちゃっていいの?
ふと気づくと一日中 あなたを想ってる
頬にはらはらと 涙が溢れるのはなぜでしょう?
恋するって切ない

さっきまでそこにいた
猫を探したくなるように
いつの間にかあなたが
私の中心になってしまった

占いとか信じてないのに調べてみた
今の私はどう思われてる?
いつも(いつも)気に掛かる(気に掛かる)
愛はきりがない
It's like infinity

こんなに ねえこんなに好きになっちゃっていいの?
もう何も見えてない 自分が怖くなるのよ
誰に止められてもブレーキを掛けられない
わがままなこの愛しさ
その突き当たりは何が待っているのでしょうか
どうしたって嫌いになんてなれない
まわりのすべてを失おうとあなただけ好きでいる

親友に何時間 話しても話し足りない
あなたが言った言葉
深読みなんかしても意味ないのに…

窓に映る 自分を見つめて不安になる
こんなに弱い私じゃなかった
誰の(誰の)せいでしょう(せいでしょう)
愛が振り回す
Love is up to infinity

こんなに そうこんなに好きになっちゃえたなんて
初めてのことだから 自分がわからなくなる
理屈なんかでは感情を抑えられないの
不器用なこの一途さ
好きになりすぎた私は傷つくのでしょうか?
もう それでも出会う前に戻れない
他には何も欲しくはない あなただけいればいい

そんな人と巡り会えたなんて
奇跡だとわかってるわ

何が(何が) あってもいい(あってもいい)
だから永遠に
Cause you're till infinity

こんなに ねえこんなに好きになっちゃっていいの?
もう何も見えてない 自分が怖くなるのよ
誰に止められてもブレーキを掛けられない
わがままなこの愛しさ
その突き当たりは何が待っているのでしょうか
どうしたって嫌いになんてなれない
まわりのすべてを失おうとあなただけ好きでいる

 

引用元:http://j-lyric.net/artist/a05fbae/l04d8ce.html

1stシングル「キュン」で恋が芽生え、2ndシングル「ドレミソラシド」で想いが膨らみ、今回の3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」ではその想いが爆発したような感じですね。流れを感じます。これまでの表題曲にあったようなウキウキ感やワクワク感は無く、がっつりバラードなので、シングルと共に恋の成長を追うように聴けます。

f:id:roro46:20191003121315p:image

2ndシングル「ドレミソラシド」で「こんな好きになると思っていなかった」と歌っていたのに対になるように「こんなに好きになっちゃっていいの?」と歌っています。あなたが欲しい、あなたが全て、あなたがいればいい、最初に聞いたときは正直「重いな」と思いました。ワンフレーズだけ抜き出すとそう感じますが、曲を通して見ると、また違った感想を持てました。それは自分の弱さが中心ということです。相手への想いをひたすら羅列するような歌ではなく、愛に振り回される自分を客観的に見ながら愛と向き合っているように感じました。相手について回るストーカーのような状態ではなく、自分の中で不安や恋の悩みと葛藤するような歌詞です。

 

比喩

比喩でいうと「ブレーキ」と「突き当たり」って、すごく良い表現だなと思いました。想いが加速して溢れたその先に何が待っていてどんなことが起こるのか、車と道路という身近なことに例えることで「ブレーキをかけられず突き当たりが迫るというワードの危機感」と「一線を超えてしまいそうな想いに対する危機感」を重ねて聴くことができるので、よりドキドキするんだと思います。

 

MVについて

過去作のMVでは映像化されていなくて、このMVにあるものはなんだと思いますか?自分は、そこに揺るぎない主人公がいることが大きな違いだと思います。

欅坂46の楽曲には、グループのイメージを象徴する主人公「僕」が存在するように、日向坂46の楽曲にも存在するはずです。その主人公はどんなイメージでしょうか。自分には、それが「日向坂46自体」に感じます。欅坂46の「僕」は間違いなく平手友梨奈であり、その主人公が存在する世界観を創り上げて、楽曲がその世界から引き出されているのが欅坂46というグループです。では日向坂46は何を中心にして楽曲が存在しているか、それはやはり「ハッピーオーラ」じゃないかなと思いました。楽曲の中で描かれる人物はきっと、ハッピーオーラを放つ彼女たち自身が集約されたハッピーオーラの偶像。まさにアイドルですね。

でも今作では、ザ・ハッピーオーラという感じの曲ではない。それは主役が小坂菜緒だからだと思いました。MVを見て、これまでの楽曲に比べて小坂が明らかにフューチャーされていて、ソロダンスも披露しています。このMVの主人公は小坂菜緒で間違いないでしょう。みんなでひとつだった日向坂46から、個人個人の魅力を引き出す新たな第一歩になった作品だなと思いました。

 

まとめ

日向坂46

欅坂46から派生して生まれたけやき坂46、通称ひらがなけやき欅坂46の世界観を含みながら成長し、2年の歳月を経て独立。日向坂46と名を改め、新たな坂道グループとしてデビュー。キュン、ドレミソラシドと、楽しさと可愛さを前面に出し、正にハッピーオーラ全開で、今までにないグループとして最高のスタートを切って迎えるこの3rdシングル。一般的にどう思われるのかは分かりませんが、多分、2ndシングルが解禁されたときと3rdシングルが解禁されたときとでは、違う感情を抱いたはずです。

自分はこの曲がとても好きです。ひらがなけやきの時代に培った表現力、日向坂46の元々持っていた良さを良い形で出せたなと思いました。けれど同時に、自分が日向坂46に求めていたのは、キュンやドレミソラシドのようなポップでハッピーな、聴くだけで楽しくなるような曲だったなーとも思いました。

f:id:roro46:20191003121253p:image

別にこの曲を否定したいわけではありません。なんならむしろ最高に良い。すごく好きな曲調だし、3rdシングル発売記念のワンマンライブで披露されたときはエモすぎてどうにかなりそうでした。ただ、これからの表題曲の雰囲気を、この曲主軸にしてしまうことだけは避けたいです。ハッピーオーラ全開なシングル3、4枚に1回くらいのペースで是非お願いします!なぜこんなことを言うのかっていうと、自分は「ドレミソラシド」が大好きだからだ!

 

小坂菜緒

3rdシングルの発売日に合わせて公開された動画があります。↓

これは、さいたまスーパーアリーナで行われた「3rdシングル発売記念ワンマンライブ」で「こんなに好きになっちゃっていいの?」を披露する直前に流れた映像です。今までこうしてセンターをフューチャーして楽曲に添えたような映像はありませんでした。MVについて書いたことと同じようなことですが、やはり今作で、日向坂46の楽曲のあり方が大きく変わったと思います。

これが一体何を示すのか。それは、小坂菜緒の成長だと思います。センターとして、ようやく自分の色を出せたシングルになったのかなと感じました。楽曲を自分のものにしたというか、センターに立つべくして立てていると思います。

 

最後に

簡潔にまとめます。

日向坂46のハッピーオーラから生まれた曲が「キュン」「ドレミソラシド」なら、センター小坂菜緒の魅力から生まれた曲が「こん好き」だと感じました。アイドル・小坂菜緒の成長スピードは凄まじいです。

f:id:roro46:20191011135615j:image

今後、センター固定でいくのか変えるのかは分かりませんが、やはり「ハッピーオーラ」が欲しいかな!「ねっ、丹生ちゃん!」って言いたいところだけど、こさかなのポテンシャルだとハッピーオーラも自分の色の一つにしてしまいそうだなーなんて思ったり。

 

#35 夜明けまで強がらなくてもいいについて。

欅坂46が、全国アリーナツアー2019の追加公演を9月18-19日に東京ドームで行うことが決定しました!そして当選しました!本当に嬉しいです。去年のひらがなくりすます以来、全く当たらなかったのでここにきてガッときた感じですね欅共和国2019行きたかったし日向坂46のデビューに立ち会いたかった。東京ドーム、その光景を目に焼き付け、その興奮を脳に刻み、その場の全てを噛み締めます。

日向坂46も9月2日に3rdシングルを発売することが決定!その発売に合わせて9月26日にシングル発売記念ワンマンライブをさいたまスーパーアリーナで行います。絶対に当てる。

 

 

こんにちは、Roroです。

 

 

2019年9月4日に乃木坂46が24枚目のシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」を発売します。新センターは遠藤さくら、桜井玲香の卒業、白石麻衣2列目など、色々なことが起こったシングルですね。カップリングには桜井玲香のソロ曲「時々 思い出してください」や、ドキュメンタリー映画の主題歌「僕のこと、知ってる?」などが収録されています。めちゃめちゃ詰め込みましたね(笑)。

今回は、そんな情報詰め込みシングルの表題曲「夜明けまで強がらなくてもいい」について書いていこうかなと思います。どんなメッセージが込められているのやら…。すごく楽しみです。

↓MVです。

目次

f:id:roro46:20190819082945j:image

 

楽曲について

乃木坂46にとって24枚目のシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」の表題曲です。センターは4期生・遠藤さくら。

曲を聴いた第一印象は「そうきたか」って感じでした。マイナー調というか、いざ4期生を中心にシングル出すぞ!って割にはネガティブな雰囲気を含んでいるなーと思いましたが、それを除けば、クールな乃木坂っぽさの塊みたいな曲だなと思いました。現代的というか、これまで1期生や2期生が作り上げてきた乃木坂46のグループイメージから、3期生と4期生が加わって創られつつある現在(これから)の乃木坂46の形への進化を提示しているかのような楽曲。アイドルらしい、元気・クール・エモいような楽曲から一方進んだ、大人っぽさや艶っぽさ。乃木坂46の新しいコンセプトに近いアーティスティックな雰囲気を、4期生を中心にした表題曲としてようやく全面的に出してきたなという印象です。

 

歌詞について

↓↓↓歌詞です。

風が悲鳴をあげ 肩震わせて
水道の蛇口から 後悔が漏れる

過ぎ去った一日を 振り返って
眠れなくなるほど 不安になるんだ

誰に相談しても 考えすぎだという
自分をどうやって 認めればいいのか

光はどこにある? 僕を照らしてくれよ
暗闇は(Hey!) 暗闇は(Hey!)
涙を捨てる場所
希望はどこにある 生まれ変わる瞬間
夜明けまで(Hey!) WOW WOW (Hey!)
強がらなくていい

当たり前のように 出来たことが
自信がなくなって 部屋を出たくない

情けない自分が 腹立たしく思えて
命の無駄遣い 誰に謝るか

光はどこにある? 僕を導いてくれ
太陽は(Hey!) 太陽は(Hey!)
夢の背中を押す
明日はどこにある? よろよろと立ち上がれ
夜明けまでは(Hey!) さあ(Hey!)
格好悪くていい

朝日が見えてきた 弱音はもう吐かない
今日こそは 今日こそは
自分らしく生きる

光はどこにある? 僕を照らしてくれよ
不安とは(Hey!) 不安とは(Hey!)
期待の裏返しか
希望はどこにある? 生まれ変わる瞬間
太陽よ(Hey!) 太陽よ(Hey!)
連れ出してくれるのか?
すぐに夜明けが来る

 

引用元: https://www.littleoslo.com/lyj/home/乃木坂46-夜明けまで強がらなくてもいい-歌詞-pv/

歌詞は割と歌詞のままな感じだなと思いました。アイドルに置いて考えると、夜明けがステージに立つことで太陽がスポットライトの比喩なのかなーって感じ。

不安があったり、自信が無いこと、弱音を吐きそうになることがあっても抱え込まないでいい、そう、夜明けがくるまでは、的な感じかな。

誰に相談しても 考えすぎだという
自分をどうやって 認めればいいのか

人が表には出せないような、裏で抱える不安や悩みに共感するような歌詞になっていて、上手くいかない、不安、情けない自分、プレッシャーに悩み苦しみ、光を求め、ひたすら暗闇を走る。それはきっと弱い自分を見せるのが恥ずかしいから。

夜明けまでは(Hey!) さあ(Hey!)
格好悪くていい

誰もがその弱さを隠そうと強がってみせるけれど、夜明けまではそうでなくていいんだよと歌われています。暗闇は「涙を捨てる場所」なら、夜明けとは「夢、希望、期待を含んだ光が自分を照らす場所」のようなものだと思います。

自分は歌詞の中で、この「格好悪くていい」が1番好きです。グッときました。格好悪くてもいいなんて自分では絶対に思わないし、なんなら格好良くありたい。格好悪いなんて言われたくはないと思うのが普通だと思います。「格好悪くていい」という、今の相手を否定せずに伝えてくれるこの歌詞は、とても素敵だなと思いました。

 

強がらなくてもいい

この歌詞は、新センター・遠藤さくらを筆頭にこれからの乃木坂46を担う4期生に向けて書かれたことはほぼ間違いないような内容です。アイドルは、いざ表舞台に立つとなったときには完璧な姿でいなければならない職業。ネームバリュー、ブランド力もある乃木坂46であれば尚更のことです。「そのイメージを壊してはいけない」というプレッシャーと戦わなければなりません。でも"常に完璧"であろうとしなくていいんです。裏で自分を責めすぎたり、仲間の前でも完璧に振る舞う必要があるわけではない。夜明けが来るまでは、強がらなくてもいいんだよと弱さをさらけ出させてくれるような歌詞は、心に響きます。

仲間には凄いと思われたいと思うことは当たり前で、自分もそうです。褒めてほしかったりします。強がりたくなります。家なら自分を出せるように思えますが、親には無理に見栄を張ったりしてしまいますよね。弱さを見せれる場所があったり、弱さを見せてもいいんだよって言われることだけでも、すごく救われることだと思うんです。

 

夜明けが来る

希望はどこにある? 生まれ変わる瞬間
太陽よ(Hey!) 太陽よ(Hey!)
連れ出してくれるのか?
すぐに夜明けが来る

夜明けが来る寸前で曲は終わります。今ここから始まる新しい乃木坂46を、すぐに太陽が照らしてくれることを示すような締め方。次世代の誕生を、しっかりと示した楽曲だったのかなと思いました。

 

MVについて

MVは「女の子たちが人知れず葛藤していたり、誰にも打ち明けることができない悩みを持っている」ことをテーマにしているそう。歌詞も、これからより輝いていく4期生を歌う一方で、MVを通して聴くとテーマの伝えたいことをそのまま捉えることができますね。楽曲の発想から聴き手までの距離を縮めてくれる、とても良い効果を発揮するMVだと思います。

でも、やっぱり映っているメンバーが選抜の中でも一部であることには、自分も少し首を傾げました。みんなに映ってほしい。

 

まとめ

自分をどうやって 認めればいいのか

自分を認めることって、客観的に自分を見る力が必要で、すごく難しいことだと思います。

誰かに認めてもらうことが自分を認めることになる、というのも一理あります。確かに誰かに認めてもらうことは、自信を手にするには手っ取り早いです。けれどそれは、誰かに認めてもらうために自分を追い詰めてしまいがちで、見栄張りで強がりな自分を作り上げてしまうような気がします。そのとき強がらず、他人に頼らずに自分で自分のことを認められる力があれば、光の下でも堂々と振る舞える強い人間であれる気がします。まあ、どうやってその力を手に入れるのかは難しいところですが、それこそ、坂道を登ってきた先輩たちに相談したりして頼ることが1番なのかなと思ったりします。

f:id:roro46:20190819083014j:image

暗闇で弱さを隠さず強がらないことと、表舞台に多少の強がりを足すことが、人が堂々として輝くためには必要なのかもしれません。

 

4期生
  • 遠藤さくら(センター)
  • 賀喜遥香
  • 筒井あやめ

今回選抜に選ばれた4期生はこの3名です。進化する乃木坂46のその序章に、新しく乃木坂46の一員として加わった4期生。歌詞に「光はどこにある? 僕を照らしてくれよ」とありますが、4期生は、照らされずとも輝ける、僕ら(乃木坂46)を導く4番目の光になることは間違いないです!光は愛。

f:id:roro46:20190819083415j:image個人的には金川紗耶を推し(仮)ているので、これからの活躍に期待です。やっぱりミシュランマンでした!はいっ。いーや、支離滅裂。

あ、あと「照らしてくれよ」の歌詞の乗ったリズムがすごく好きです。

#34 おいで呟きの境界線なブログ。

日向坂46の2ndシングル「ドレミソラシド」が7月17日に発売になりましたね!おめでとう!

欅坂46のシングルなりアルバムなりはいつ発表されるんでしょうか。なにか大きな出来事でもあるんでしょうか。なーんて期待は外れがちなのでおとなしく待つことにします。まあでも、乃木坂46も24thの発売が発表されて選抜も決まって、そろそろお願いしますよ感はあるけど。とりあえず「砂塵」って曲はタイアップしてるし、大丈夫と思いたいです。

それにしても「黒い羊」はすごいね。欅ロスなときに「黒い羊」をよく聴くんだけど、一気に世界観に引きずり込まれるというか、テンションや感情が妙に落ち着いたりする。全く別のジャンルの曲を聴いていても、一旦「黒い羊」を流すとそのまま2、3回は聴きたくなる。聴き飽きないし、いつでも新鮮な感情で曲と向き合えて、魅力が尽きない曲だなと思う。

 

 

こんにちは、Roroです。

 

 

かなり久しぶりになってしまいました。すみません。

今回は2月から企画して地味に溜め込んでいた、Twitterの呟きには収まりきらないけれどブログ一本に割くほどの内容でもない、そんなチョイ長めの呟きをここにまとめてみました。メインは4つ目かな。

秒で読み終わりそうな記事ですが、自分の想いはちゃんと込めてあるのでゆーっくり読んでみて下さい(笑)。

目次

 

1.キャッチコピー

キャッチコピーって大事だなーと思いまして。

金村美玖のキャッチコピーは知っていますか?そう「みなさん美玖をお寿司かない」です。大好きなお寿司と推すしかないをかけてるんですよね。金村はあだ名で「お寿司」って呼ばれたりもしています。自分は、金村が寿司好きってだけじゃこんなあだ名がつくことも無かったんじゃないのかなと思っていて、このキャッチコピーが印象的だったからだったと思うんです。番組でもMCにキャッチコピーをネタにイジられたりしてますし。キャッチコピーとしての役割を果たした偉大なキャッチコピーだと思っています。f:id:roro46:20190722191430p:image

また、三期生の上村ひなののキャッチコピー「いつでもどこでも変化球 ひなのなの」も印象的で、生で見たときはテンションがすげえ上がりました。危うく推しそうだったよね。キャッチコピーってすげえ。

 

2.目に見える表現

黒い羊のMVを観て映像化って大事だなーと思いまして。

MVって、楽曲の意味を踏襲した雰囲気、世界観を表すための映像じゃないですか。でもこの「黒い羊」に関しては、もはや曲に合わせたMVではなくて、その曲が主題歌の映画レベルの映像。ノーカットワンシーンなのも一つの流れ作っていて、それが必然的にストーリーを感じさせる。映像がもたらすものは大きいなと思いました。f:id:roro46:20190722191807p:image

目に見える表現、体現という点でも一つ。井上苑子さんの「フェアリーソング」という曲に「舞い踊れたら何百文字よりもこの想い伝わるのに」という歌詞があります。すごく好きなフレーズです。目に見える形がどれだけ大切で素晴らしいかってことです。「ひと目見て」とか「一目惚れ」という言葉があるって、つまりそういうことですよね。もちろん中身も大事ですが。

 

3.私のためだけに

よく映画やテレビ番組で「私だけのために踊ってくれた」「僕だけのために歌ってくれたんだ」みたいな感動的な場面ありますよね。今まで、あれの感動がイマイチよくわかりませんでした。確かに嬉しいことだとは思うけど、そんなに泣き崩れるほど心にくるものなのかなーと思って。けど生の舞台を観客として観に行ってから、その感動を理解できているような気がします。人が人の為に全力で何かを届けようとする姿だけで感動するのに、自分のためだけに全てを尽くして届けようとしてくれるのに感動しないわけがない。演者と観客という関係ではなく、一対一の間にある心の通わせ方。確実にこの自分に届いているという感覚は、他に変えようもなく感動するに違いないと思いました。

 

4.応援されないアイドルはいても、応援されなくていいアイドルはいない

先日放送された「日向坂で会いましょう」の2ndシングルヒット祈願企画で、日向坂46のメンバーの2ndシングルにかける想いや夢、目標が話されていました。f:id:roro46:20190722163927p:imagef:id:roro46:20190722163942p:image叶えたい夢や目標を語り、ヒット祈願を頑張っている姿がそこに重なったとき、自分は本当に感動しました。夢を叶えそうなタイミングでもなく「やっと夢が叶いました」というタイミングでもなく、夢に向かって頑張るその姿に感動したことに自分でも驚きました。

自分にはこの先の人生に目指す大きな夢や目標はなくて、誰かに応援されるようなことはしていないし、その日その日をただ生きているだけで、それで頑張っている気になっているんだと思います。同世代の女の子が、何かに向かって頑張って走り続けていることって、ものすごく刺激です。自分より頑張っているのだから、もちろん頑張ってほしいと思うのは当然ですが、応援したくなるっていうのは特別な感情だと思っています。応援したくなるような人間っていうのは、それだけ人の心を動かすハートとエネルギーがあって、努力があって、絶対に応援されるべき生き方をしていると思います。f:id:roro46:20190722164251p:imagef:id:roro46:20190722164314p:imagef:id:roro46:20190722164349p:image

また、応援する側がいるというのも大事なことでもあると感じました。結成当初は欅坂46のアンダーとして集められたものの、欅坂46に昇格することもなくデビューすることもなく結成から3年が経っていました。先輩グループと比べてしまえば、まず応援してもらえるきっかけや機会、そのチャンス少なく、応援されてるな〜というより、この先どうなるんだろうと曖昧な立ち位置への不安や心配の方が大きかったと思います。それでも、応援し続けたたくさんのファンはすごく彼女たちの支えになっていたと思います。ファンの人たちが頑張ってほしいとかける声援や応援には、挫けそうな思いを塗り替えて「頑張ろう」と思わせてしまうパワーがあると思っています。だからこそ、彼女たちの変化や成長を1番に発見してあげて、不器用な頑張りを噛み砕いたり、魅力を伝える役割が僕らファンにはあるんだと思います。自分らが応援することは、彼女たちに届ける直接のエールだけでなく、グループを大きくする上で間接的にも彼女たちのためになっていると思っています。よく言う「応援してくださるファンの方々がいてくれたから」「ファンの皆様のおかげで」は、リアルな言葉なのかなと思いました。

数年前の自分は、ただ歌って踊り笑顔を届けるのが仕事、それがアイドルだと思っていましたが、今はそうではないと思っています。欅坂46にアイドルの概念をぶち壊されてからしばらく経って、自分の中にあるアイドルの形はまた一つ大きく変わりました。夢や目標を一緒に追いかけること、それを応援すること、勇気をもらうこと、与えること。歌やダンスは彼女たちがより輝くための、伝えたいことを表現するためのアイテムであって、その根底には夢や目標といったそれぞれの想いがある。自分は「叶えたい夢があって努力する」そんな一人の人間の人生の一部に、わずかながらでも輝きを与えられるような応援者でいたい。それは日向坂46に限らず、夢を追う全てのアイドルに対してそうでありたいと思いました。

 

最後に

Twitterのフォロワーさんがもうすぐ2000人に到達する(すごく有難い)ので、記念に動画か何か作ろうかなってずっと思ってて言ってたけど、もう1980人前後まできてて、割とピンチ。どうしようね。なんていう独り言でした。

最近は動画が好きで作ってるので、良ければそちらも是非。→【Roroチャンネル - YouTube