Roroのブログ

欅坂46、けやき坂46について思ったことや拡散したいことを発信してしていけたらいいと思っています。

#17 欅のキセキについて。

もうすぐ欅共和国2017の円盤が発売ですね。もちろん予約済みです。友達の家でサイリウム振ってタオル回して騒ぎたいと思ってます。去年当てたのに行けなかったのがかなり悔しかったので、円盤化は本当に嬉しい。とーやま校長ありがとう。

 

こんにちは、Roroです。

 

「欅のキセキ」ってアプリ、やってますか?リリース当時はファンにとっては待望のゲーム化でしたね。自分も学校でデータ量の消費を顧みずリセマラしてました。諦めかけてリセマラやめた次の10連ガチャで小林が出たのをすごく覚えています。めっちゃ嬉しかった。

そんなケヤキセ、メンバーの誕生日には生誕祭として、誕生日のメンバーの排出率が上がります。神推しのメンバーの誕生日まであとひと月程と迫っているので、モチベ上がるためにブログ書こうと思います。

f:id:roro46:20180920084908j:image

 

欅のキセキ

「欅のキセキ」略してケヤキセは欅坂46初のゲームアプリとして2017年10月18日にリリースされました。もちろん、ひらがなけやきも参加しています。ジャンルはドキュメンタリーライブパズル。つまりパズルゲームです。基本無料です。

欅のキセキ

欅のキセキ

  • enish Inc.
  • ゲーム
  • 無料

ガチャではメンバーのカードが排出され、そのカードを手持ちにパズルを行います。カードごとにスキルやステータス、効果が違い、強弱が特定のメンバーに偏らず、推しメンを集めたり最強カードを集めるなど、さまざまな楽しみ方があります。同じメンバーでも、それぞれのシングルでの衣装や浴衣、私服、巫女、ライブなど、ものすごくたくさんの種類があり、やることがなくなる日は来なさそうです。

ガチャを回すためにはダイヤが必要なのですが、クエストやミッションのような要素があったりして比較的集めやすくサクサクいくので、ガチャも序盤からガンガン回せると思います。他のゲームと少し違うなと思うのは、イベントが異常に多いこと。その分ダイヤを集め続けられるメリットもありますが、イベントガチ勢にとっては厳しそう。自分は1度2000個のダイヤと貯めに貯めたAP回復(パズルをするステージに入る時に消費するゲージの回復アイテム)でエキセントリック後半のイベントに挑みましたが、あと少し足りませんでした。次は4000貯めて頑張ります。

 

小林由依生誕祭

由依ちゃんの誕生日は10月23日。ゲームがリリースされてから最初の生誕祭は彼女の生誕祭でした。リリースされたばかりというのもあって、レアリティの高いカードのバリエーションがサイマジョくらいしかなかったと思います。それが今は30種類以上あります。ガチャ10連で最高レアリティのカードをメンバー41名の中から小林由依コンプなんてとてもできません(笑)。しかしそれを可能にし得るのが生誕祭ガチャ。100連までという制限はあるものの、誕生日のメンバーの排出率はかなり上がっていて、100連すれば4枚は最高レアリティのカードが確定で排出なんです。

ちなみに100連はダイヤ2000個で、今自分は1279個あります。あとひと月で721個、余裕です。

 

プレイ状況

レギュラーは大体こんな感じです。

f:id:roro46:20180918082511j:image

左から

今泉佑唯(サイマジョ):指

平手友梨奈(お花見デート):補充一色

小林由依(サイマジョ):マス消去

小林由依(特技):変換

長濱ねる(I am eccentric):指

です。

 

5色ある属性のカードを一枚ずついれるのが一般的ですが、自分はパズル延長の指を持ったカードと推しを入れたいのでこうなりました。スコアは平手で稼げます。色が必要な時は、紫の上村莉菜(サイマジョ):指と、赤の菅井友香(Xmasパーティー):列消去を使います。クリア条件に応じてパーティーを変えるのが良い戦い方だと思いますが、自分は面倒なので大体はゴリ押してます。

 

知恵

プレイにあたって、知っておいて良かったことを紹介します。

一つ目は、一括ダウンロード。設定を下にスクロールすると右下に一括ダウンロードのボタンがあります。WI-FI環境で一括ダウンロードしておけば、ある程度は外で使うデータ量を抑えられます。

二つ目は、ボーナス効果。カードには覚醒によって異なるボーナス効果があります。写真で選んでしまいがちな覚醒ですが、ボーナス効果を予め確認してからすると良いと思います。特にスコアアップのボーナス効果はかなり有用なので、迷ったらスコアアップ選びましょう。

三つ目は、キセキのカケラやルビー。カードを手に入れる手段はガチャとイベントのスコア、配布などがあります。それはランダムもしくは指定であり、自分の欲しいカードやメンバーが必ず手に入るわけではありません。しかしキセキのカケラやルビーを集めておけば、特定のカードを交換できます。全てのカードが交換可能なわけではないですが、かなり役立ちます。

 

まとめ

小林由依の生誕祭が近いということで、お祝いに向けて盛大なガチャ爆死の準備を整えつつ、頑張りたいと思います。今のところ、小林の星5の所持数は9/30。目指せ!星5小林由依コンプ!!!

f:id:roro46:20180920084251p:image

#16 響-HIBIKI-について。

こんにちは、Roroです。

 

欅坂46平手友梨奈主演、映画「響-HIBIKI-」をやっと観てきました。平日の午後に行ったんですけど全然混んでなくて、良い席でゆったりと鑑賞できました。観たらもう感想を言わずにはいられない。響について書きたいと思います。

内容について触れますが、ネタバレされて面白さが減るような作品ではないと思うので大丈夫だと思います。どちらかと言われたら鑑賞後の方がいいと思います。

目次

f:id:roro46:20180919065513j:image

 

鑑賞直後

映画が終わってまず思ったことは、平手の歌声が素敵。映画本編が終わって感じた「あともう少しでいいから響の生き様を感じていたい」という欲求を満たしてくれました。エンドロールで流れたこの「角を曲がる」という曲、映画の一部であるというのも納得です。

ちなみに映画を観終わってひと段落した後の感想は「これは主演平手じゃなきゃダメな理由がわかる、納得」です。

 

テンポ

前半の鮎喰響と花井ふみが出会うまでの流れがかなりハイテンポ。指折り、本棚、屋上、書斎、原作での驚かされる場面が凝縮されていて、ちょっと早いなあと感じました。映画全体の流れを考えると仕方ないことなのだとは思います。原作が漫画の実写邦画ってまとめるのが難しいんだと思います。ナレーションで説明するのが手っ取り早いですが、映画としては詰め込んだ方が成り立つかなと思うので、まあ仕方ない。そう考えるとドラマって選択肢もあったんじゃないかなーと思います。時間が無いから難しいか。

その後はクライマックスに向けて自然な流れだったと思います。過不足なく、必要不可欠なシーンばかりでした。ただ、そのクライマックスが記者会見のはずなのに、その後の小栗旬のシーンが印象的だったので、最後は少しの物足りなさが生まれてしまったのかなあとも思いました。

 

音響

そのクライマックス、記者会見でフードを被った響が因縁の記者に蹴りを入れるシーン。凄かった。響のイライラが伝わってくるみたいなサウンドと映像での口論。スローモーションで太い雷が常識をブチ砕くような音響で跳び蹴り。映画館で観ることの良さが前面に出ていました。音が印象的だったのはこのシーンだけ。このシーンが間違いなくクライマックスでしょう。

このシーン、響の信念が大人の偽りの皮を剥いでいるようで、見入ってしまいました。

 

平手友梨奈

この響という役は平手友梨奈でなくてはならない。本当にそうだと思いました。「響は平手友梨奈そのものだ」と、よくいろいろなメディアで言われていたり書かれたりしていました。その理由は観てよく分かりました。「演じている感覚がない」というのもよく分かりました。観た人には分かると思います。映画を観ている間、こちら側が「これは響という役を演じている平手友梨奈である」と感じる瞬間がまるで無い。

f:id:roro46:20180919130330j:image

最近観た映画で「累-かさね-」という作品があります。そこに出演されていた土屋太鳳さんと芳根京子さんの演技は本当に圧巻でした。女優の本気を見たような感覚でした。その演技と平手友梨奈の演技は全く別物でした。スクリーンに映っていたのは紛れもなく鮎喰響。平手友梨奈を感じたのは、体育の授業で走っているシーンと、ビンタし合ったあとメガネをしていない顔、だけ。「平手の演技は上手いのでそこに響がいるように感じる」ではなく「あ、響だ」と思わせるのが凄さ。役そのもの。女優・平手友梨奈というより、響・平手友梨奈。過去のドラマでの役の演じ方とは全く異なったものだったと思います。この作品は他の映画とは違うリアリティを感じました。

 

まとめ

映画の総評としては「普通に面白い」。よくできた映画だと感じました。が、やはりテンポが気になった。前編後編でも良かったと思いました。でもそのくらい、響を観ていたいということ。説明するのが難しいんですけど、ずっと観ていられるというか、平手の言ってた「響の生き様を届けたい」っていうのが伝わってきました。めっちゃ届いてます。欅坂46平手友梨奈ではなく、1人の演者として、平手友梨奈(もしくは響)として観れたのが良かったです。もう一度と言わず、何度でも観たいと思えました。

何度でも観たいってすごいとだと思うんですよね。ただ面白かった映画とは違うものがありました。1人の人生を見ているような、ドキュメンタリーのような。

 

最後に、

 

動物と戯れるひーちゃんキャロ。

#15 太陽は見上げる人を選ばないについて。

漢字欅ひらがなけやきの曲を掘り下げていくうちに、それぞれのグループの曲の特徴がわかってきました。

漢字欅は世界観がハッキリしていて、繋げればそれで一つのストーリーのようになりそうな曲が多いです。その世界観から外れた恋愛や青春を歌う曲なども少なからずあります。しかし、欅坂46というものを作り上げている世界観の軸が大きすぎて、キラキラしたような曲の意味が薄れて良いメリハリにはなっていない気がします。その分、これが欅坂46だと言わんばかりの曲は理解しやすいと感じます。

一方のひらがなけやきは、キラキラしたような正当なアイドル像を掲げながらも漢字欅のもつ価値観を取り込んでいる印象です。曖昧と言われてしまえばそれまでですが、全体として見れば整っています。でもその全体の括りが大きすぎて逆にハッキリしない部分があり、そこが掘り下げていてとても面白いと思いました。

漢字欅の方がストレートな意思をぶつけてくるような歌詞が多く、そのままで分かりやすい。そういう曲以外もそれといって深読みするほどの歌詞はなく、比較的単純で分かりやすい。それに対してひらがなけやきは遠回しに何か伝えようとしているような歌詞。全ての曲に、けやき坂46アイデンティティーがざっくり含まれているような。そのざっくりさにこそ、深読みや考察のしがいがあります。

漢字は瞬間火力が異常に高くてあとは並、ひらがなは平均火力が高い、そんな風に感じました。でも売れるグループって瞬間火力が大事なんですよね。そのインパクトで名前が売れるわけですから。そういう点で、今は漢字欅の方がインパクトを残す瞬間が多いと思います。しかし、1つ、漢字欅に劣らない、ひらがなけやきのこれまでの曲の全体像をハッキリと示すような、彼女たちの象徴になれる曲が生まれたら、追い抜きさえすると思います。

どちらも曲について考えるのは、曲やグループを理解できて楽しいし、素晴らしさを再確認できるので、これからもしていきたいと思います。

 

こんにちは、Roroです。

 

前置きが長くなりました、すみません。

今回は「太陽は見上げる人を選ばない」という曲について考えてみようと思います。

目次

f:id:roro46:20180911125312j:image

 

楽曲について

この曲は欅坂46のアルバム「真っ白なものは汚したくなる」のTYPE-Aに収録されています。歌唱メンバーは、漢字欅ひらがなけやきの一期生、合わせて32名。4thシングル「不協和音」収録の「W-KEYAKIZAKAの詩」以来の合同曲です。

 

歌詞について

↓↓↓こちらが歌詞です。

誰かに何かを言われて
ここから動きたくなんかない
この場所が好きだから
今 僕は自分の足で立ってるんだ

限られた大地には
多くの人たちがやって来て
何度も争ったけど
境界線なんていつの日か消えて行く

それぞれの
話す言葉とか信じるものが
一つじゃなかったとしたって
最後はわかり合えるだろう

太陽は
どんな時も
この空
見上げる人を選ばない
平等に愛と温もり与えてくれるんだ
悲しみの厚い雲に覆われたとしたって
遥か遠く輝きながら
その祈りに頷いてる

OH OH OH…
OH OH OH…

どっちが先に来たとか
声荒げても始まらない
お互いのその場所を
認め合い向き合って立っていよう

共存をしたことで
どこかにもし影ができたなら
譲れることはないか
光はどこにあるか 話し合えばいい

言葉にした
愛の発音は違ったって
やさしい気持ちになれるのは
同(おんな)じ人間だから

太陽は
ただ輝き
眩(まぶ)しく
見上げる人に微笑んでる
この世に存在するだけで希望を持てるよ
真っ暗な長い夜が訪れたとしたって
寂しさをそっと埋めるのは
迷いのない生き方だけ

新しい風が今
吹き抜けて拓(ひら)けたよ
遮るものがなくなった
自由が目覚めたんだ
もうすぐ夜が明ける
何かが変わるだろう
あの空が白んでる
美しい朝焼けだ
さあみんな 見上げよう

太陽は
どんな時も
この空
見上げる人を選ばない
平等に愛と温もり与えてくれるんだ
悲しみの厚い雲に覆われたとしたって
遥か遠く輝きながら
その祈りに頷いてる

OH OH OH…
OH OH OH…

 

引用元:http://j-lyric.net/artist/a05b333/l04159a.html

歌詞についてとは言っても、この曲、深読みしたり考えさせられるような歌詞はほとんどありません。

みんな分かり合える。平等で分け隔てなんかない。平等に光や愛、温もり、希望を与える太陽は、その象徴だ。

歌詞のままが全て、ストレートです。

 

32人曲であること

考える上で忘れてはいけないのは、この曲は合同曲だということです。漢字欅ひらがなけやきは2つで1つ、一緒に歩いて行こう、そう歌った「W-KEYAKIZAKAの詩」の次の曲です。初めから合同曲として作ったのか、あとから合同曲にしたのかは分かりません。でもどちらにしても、わざわざ32人曲にするからには理由があり、それは2つのグループの関係を表すものなはずです。直接的にでも、間接的にでも。

f:id:roro46:20180913073748j:image

 

欅・けやき坂組に重ねるもの

この曲を聴いていて、2つのグループに向けた歌詞にも取れると考えました。

漢字欅ひらがなけやきは同じ坂道を名乗っているものの、その境遇や道のりは知っての通り、全く異なります。同じアイドルではあるが、違う道のり。これって、同じ人間ではあるけど、違う言葉を話したり境界線があったりするこの歌詞に似たようなものを感じませんか?アイドルという世界ではお互い競い合う関係で、嫉妬や羨望(せんぼう)は当然ある。けれどそういうギスギスするような境界線もいつの日か消えていく。1番と2番、両方のAメロの歌詞と重なる部分があると思います。その重なる部分に、32人で歌う意味があるんです。

今まで曖昧だったけやき坂46の存在は、この曲を作る前後で大きく変わったと思います。欅坂46のアンダー的な存在として誕生してから、選抜でも漢字欅と入れ替わることなく影に居続け、ずっと報われないグループでした。しかしこの曲で、欅坂46の1番のライバルとして完全に別のグループになったことを提示していると思います。

 

まとめ

この曲とこの曲を収録しているこのアルバムが、漢字欅ひらがなけやきを完全に分けるキッカケになったのは、その後のドラマや5thシングルでの長濱ねる兼任解除から分かると思います。

漢字欅ひらがなけやきを分けることは、本当に難しい判断だったと思います。分けると、完全に独立したグループとして活動していきますが、そこには大きな差があります。当時は曲数も知名度もまるで違いました。そのまま漢字に押しつぶされてしまう可能性もあったと思います。しかしこの曲は「そんなことはない。太陽は見上げる人を選ばない、希望を与える人を選んだりしないよ。」と伝えています。今では二期生が加入、単独アルバムで全国ツアーも行い、舞台やテレビでの活躍も増えているけやき坂46。このけやき坂46は特に「太陽は見上げる人を選ばない」を体現していると思います。曲自体の持つメッセージが与えた希望は、曲を聴く側だけでなく、歌う側にも届いていたに違いありません。

現在、完全に別のグループになった21名の欅坂46と20名のけやき坂46。総勢41名になった欅・けやき坂組。少しすれば二期生と三期生が入ってきます。また合同曲が書かれることはあるのか、楽しみです。けれど今泉佑唯(ずみ)は7thシングルをもって欅坂46を卒業されてしまうんですよね。ずみが41人の合同曲をとても願っていたようで、願い叶わず悲しいです。現状3人が欠ける欅坂46の今後も心配ですが、大丈夫だと信じています。別グループになってから、欅共和国というライブか漢字欅ひらがなけやきの揃う(ほとんど)唯一の場になっていますが、そういう場があること自体がチャンスです。密かに合同曲を期待してます。

f:id:roro46:20180913074431j:image

f:id:roro46:20180913074406j:image

41人だと、歌のパート割りとか大変そうですね。

#14 君をもう探さないについて。

Twitterのフォロワー数が1000人を突破しました!本当にありがとうございます!

いいねの数でみるとフォロワー4桁とは思えないかもしれないですが、数は関係ありません!誰か見てくれて共感してくれるだけで嬉しいです!このブログもそういう心構えで書いていますが、気持ちは欅の素晴らしさを多くの人に分かってもらいたいというのがあるので、それも含めて頑張っていきます。

これからもよろしくお願いします!

 

こんにちは、Roroです。

 

#13で「未熟な怒り」という曲についてのブログで「タイトルから歌詞の意味や内容を連想する」と書きました。何か深い意味を含んでいるようなタイトルだからこそ、歌詞の意味を考えるのが楽しいんです。その点で言うと、漢字欅の曲は「世界には愛しかない」や「月曜日の朝、スカートを切られた」、「不協和音」、「避雷針」など、タイトルを見て曲を一度聴けば内容がグッと入ってくるような曲が多いように感じます。それはタイトルがサビにあるからという理由だけではなく、内容が0か100かのような極端な内容が多いからな気がします。だから解釈が難しいということもなく、曲を受け入れやすいのでしょう。

今回はそんな欅坂46の曲「君をもう探さない」について書いていきたいと思います。

MVはありません。

目次

f:id:roro46:20180905222127j:image

 

楽曲について

この曲は、欅坂46の1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」のTYPE-Bに収録されています。メンバーの織田奈々がブログで「神曲。間違いない。」と言っていました。個人的には上位に入るか入らないかくらいですが、曲をちゃんと理解すれば印象も変わると思います。

 

歌詞について

君をもう探さない
雨が止まない街角
追いかけても
逃げるなら
勝手にしろ!

少女が一人 ずぶ濡れのままで
走ってる憂鬱がわからない
泣いているのか 怒っているのか
怖い表情で…

学生鞄 道端に撒いて
嫌いなものは捨ててしまった
僕は希望を拾い集めながら
愛に呆れてる

知らないうちに大人になってた
鏡の自分 絶望して
君は逃げ出したんだろう?
衝動

君をもう探さない
傘が隠す人混み
純情 守ることが
そんなに大事なことか?
人はいつも汚(けが)れて
誰も逞(たくま)しくなるんだ
割り切れたら
一人だって
生きられる

理屈じゃなくて 感情のままに
向き合うことを拒絶して来た
君はいつしかYESという言葉
抵抗し始めた

あの日のような子どもじゃないんだ
知りたくない ずるさを許せ
今は弱くないだろう?
目覚めろ!

僕はもう守らない
過保護すぎちゃいけない
何かに傷つかなきゃ
自由は口先だけさ
人は大人になんか
誰もなりたくないんだ
ある日 突然
当たり前の
道を行く

しゃがみ込んで動けない
どこかの行き止まり
君はどんな
夢を見てる?
諦めきれない
少女

君をもう探さない
傘が隠す人混み
純情 守ることが
そんなに大事なことか?
人はいつも汚れて
誰も逞(たくま)しくなるんだ
割り切れたら
一人だって
生きられる

生きたくない

 

引用元:http://j-lyric.net/artist/a05b333/l041594.html

内容をとるの、なかなか難しくないですか?君と僕と少女がいて、誰が誰なのか、どの歌詞が誰の感情なのか。そういうのも含めて、一つずつ考えていきたいと思います。

 

君をもう探さない

この曲の主軸はもちろんタイトルやサビにある「君をもう探さない」で、追いかけても逃げるなら君をもう探さないから勝手にしろ!というサビから始まります。まず、このとき君と僕がいて、君は逃げていて、僕は追いかけています。勝手にしろ!と言ってはいるものの「傘が隠す人混み」という歌詞からは、君を探していること。「ああなんだろ?」「こうなんだろ?」と君に問いかけるような歌詞から、僕は君を理解しようとしているのが読み取れます。

 

少女

歌詞に出てくる少女とは、君です。君を「大人になりきれていない」という意味で少女という大きなくくりにおいているのだと思います。雨の中ずぶ濡れになってまで走る理由が分からない、けれどサビ前には答えを出しています。

知らないうちに大人になってた
鏡の自分 絶望して
君は逃げ出したんだろう?
衝動

鏡に映っている自分に絶望した。けれどそれは、大人になった自分の姿形ではないと思います。きっと内面的なもの。この「大人になる」って、この曲の中ではどういうことなのでしょう。それの答えは、サビにあります。

君をもう探さない
傘が隠す人混み
純情 守ることが
そんなに大事なことか?
人はいつも汚(けが)れて
誰も逞(たくま)しくなるんだ
割り切れたら
一人だって
生きられる

それは、純情を破ること。純情とは、邪念や私欲がなく清らかで素直なこと。汚れがないこと。ここでの汚れとは、精神的に醜いこと。人は汚れて逞しくなる、それが大人になること。君は汚れた自分を鏡の中にみてしまったんだろ?でも純情を守ることはそんなに大事か?大人になる、自立して生きるってそういうことだろ?そういう歌詞だと思います。

f:id:roro46:20180908083304j:image

 

YESでいいのか?

理屈にのっとって向き合うのを拒絶していたわけではない、感情のままに向き合うことを拒絶してきた。君はいつも理屈(素直さ)を優先してきたが、いつしか感情(私欲)を優先するようになり、ただYESという君ではなくなった。「サイレントマジョリティー」でも聞いたんでしょうか、欅坂46っぽいですね。これは私欲の誕生であり、それはつまり大人になること。

あの日のような子どもじゃないんだ
知りたくない ずるさを許せ
今は弱くないだろう?
目覚めろ!

ここでの弱さとは、純情を守ってもらう君でいること。このあとのサビで「僕はもう守らない」とあり、それと繋がります。「今はもう子供じゃないし、もう弱くもない。さあ目覚めろ!」鳥肌が立ちそうです。

「知りたくないずるさを許せ」というのも、知りたくないものを知らないままでいようというずるさを持っている自分を許してやれってことだと思います。知りたくないなんて甘ったれんなってことです。

僕はもう守らない
過保護すぎちゃいけない
何かに傷つかなきゃ
自由は口先だけさ
人は大人になんか
誰もなりたくないんだ
ある日 突然
当たり前の
道を行く

大人になることは純情を破り、傷つくことに耐える強さを持つことで、その先に自由がある。そう歌ったあとに、本音のように「大人になるのは避けられない道で、仕方ないことだ」と漏らしています。

 

バットエンドではない

Cメロでまた、少女という表現が出てきます。「もう子供じゃないんだ、目覚めろ!」と言っても、行き止まりにしゃがみこんでも、諦めきれない。どんな夢を見てるのかわからないけど、そんな君はまだ少女だなあと。ここにきて少女と歌うのもなんかすごいと思います。

割り切れたら
一人だって
生きられる

生きたくない

大人になることを割り切ったら、誰かに純情を守られなくても生きていける、自由になれる。この「生きたくない」は「そんななら生きていたくない」という君の台詞に思えます。自分勝手ですね。でも大人になることを認めてしまったら、君の中にある信念が消える。生きたくないというのは欅坂46らしいと思います。

僕と君の関係は表裏一体なのかなと思いました。僕は実在しているのではなく、君の中にある大人への葛藤そのものを擬人化させたなのかもしれません。僕が問いかけるような言葉ばかりなのも、自分の中の葛藤に近いように思えます。君の中の僕なのに、僕の目線。複雑過ぎて考察を超えた妄想みたくなってますね(笑)。

 

まとめ

欅坂46はこれまで、大人への反抗や信念を貫く姿を歌ってきました。しかし、それは一歩間違えて素直な心から外れたものになってしまうと、純情を破り大人に近づくことになる。それをこの曲は提示していると思います。

大人の僕からすれば君は、純情を破った大人の仲間入り。けれど君はこう言う。自分がしているのは、大人のように純情を破ることではない。純粋に素直に自分の意志を貫いているだけだ。汚れた大人のように生きたくはない。

なんとなくわかった気がします。欅坂46のいう「大人」は、成人とか肉体的にとかそういうことではなく、この曲に存在する大人の定義に基づいた「大人」だということです。これまでの曲で悪として歌ってきたのは、汚れた純情を失った大人。そういう大人はなりたくない、そうなるくらいなら(少し極端過ぎますが)生きたくないと、この曲で歌っています。

サイレントマジョリティー」

「大人は信じてくれない」

「月曜日の朝、スカートを切られた」のような大人に反抗するような歌。

「世界には愛しかない」

「不協和音」

「ガラスを割れ!」などの信念を貫くような歌。

反抗の奥には揺るがぬ信念があります。欅坂46の歌う歌は、ただの大人への反抗ではなく、真っ直ぐな信念を貫くことが中心なのです。それが反抗、腐ったような大人になりたくはないことの裏返しであったと感じました。その橋として、この「君をもう探さない」という曲が存在している、存在しなくてはならない、そう思いました。

f:id:roro46:20180908083909j:image

欅坂46の世界観って、統一され過ぎててビジョンあり過ぎて逆に怖い。ヤバすぎ。ヤバ好き。

#13 未熟な怒りについて。

けやき坂46のバラエティ番組「ひらがな推し」で、8月末と9月頭の二週にわたって放送された「書き出し王決定戦」。(↓↓↓この可愛い子は金村美玖)

f:id:roro46:20180903231816j:image

9月14日に公開される、欅坂46平手友梨奈が主演の「響-HIBIKI-」という、小説家を題材にした漫画を原作とした実写映画。

f:id:roro46:20180903231659j:image

あっちからこっちから小説小説言われたら、すごく小説を書きたくなりませんか?自分はなりました!創作意欲がガンガンに湧いてきます(笑笑)。で、考えてはみたものの、やっぱりそう簡単にはいかなかったです。いつか書きたいなと思います。メンバーの誰かの短編創作でも。

 

こんにちは、Roroです。

 

「イマニミテイロ」、「期待していない自分」と、ひらがなの曲が続いているので、漢字の曲について書きたいなーと思ってはいるんです。けど、漢字の曲はブログ開設以前からかなり調べていて、他の人の意見や見解、捉え方が混じってしまっているので、今回もひらがなの曲について書きたいと思います。(要望があれば是非とも書かせて頂きます!!!)

で、今回は「未熟な怒り」についてです。

こちらがMVです!っと言いたいところですが、この曲はMVがありません。残念。

目次

f:id:roro46:20180904150742j:image

 

楽曲について

「未熟な怒り」は、けやき坂46の二期生の曲で、けやき坂46のデビューアルバム「走り出す瞬間」のTYPE-Aに収録されています。この曲の作曲を手がけたのがバグベアバグベアは他にも、漢字欅の「サイレントマジョリティー」や「不協和音」も手がけてています。攻めた曲な感じです(笑)。

 

歌詞について

↓↓↓歌詞です。

僕たちは誰のために生きる?
何(なん)にも知らされず生まれて
ただずっとどこへ向かい歩く?
いいことばかりじゃない人生を…

夢の果実を
欲望のまま 貪(むさぼ)ってた
残ったものは
現実の硬い種

辛いことなんか飲み込んで
忘れろと言われても
生きてるその意味は
思い出せない

僕たちはなぜに生かされてる?
誰かに何か言い含められて
真実に無関心なふりして来た
このまま死んでくだけだろう

何が咲くかは
聞かされぬまま 煽(おだ)てられて
疑いながら
太陽を待っていた

大人になんかはなりたくない
子どもだと言い張りたい
望まれてないなら
咲かなくていい

僕たちにどんな嘘をついた?
努力をすれば報われるなんて…
運命を教えて欲しかったよ
それがどんなに残酷でも…

自分が一体何者か
そんなことも知らなくて
込み上げて来るのは
未熟な怒り
僕たちはなぜに生かされてる?
誰かに何か言い含められて
真実に無関心なふりして来た
このまま死んでくだけだろう

ララライライ…

 

引用:Google

タイトル

歌詞を見てまず思ったのは、タイトルがCメロでの一度しか使われていないということです。「サイレントマジョリティー」「語るなら未来を•••」「危なっかしい計画」などはサビの終わりに、「不協和音」「世界には愛しかない」「二人セゾン」などはサビの頭に、「青空が違う」「ガラスを割れ!」なども一応サビには入っています。順番的には歌詞があってのタイトルだとは思いますが、タイトルが歌詞に入っています。普通はそうです。サビに言いたいことがあるから、それがタイトルになるんです。しかしこの曲は、Cメロの最後、ラストの大サビの前にタイトルの歌詞があります。欅の曲を調べてみたところ「キミガイナイ」だけでした。

タイトルって、内容で1番大切な部分だったり重要な部分だったりを一言で表すものですよね。タイトルが中心軸かつ1番の盛り上がり。聞き手はタイトルから想像すると思うんです。「アンビバレント」という曲、自分は「相反する感情を同時に抱くこと」という意味だと知ると、自然に「そういうことを歌っている曲なんだ」と思いました。もちろんその通り、そういう曲です。そう考えると「未熟な怒り」というタイトルから何を感じるのが正解なのか。何が未熟で、何に怒りを持つのか。そこを中心にして歌詞をみていきたいと思います。

 

疑問から怒りへ

全体を要約すると「真実を遠くにおいて、言われるがままに夢を見続けたが、気がつくと夢は叶うことなく消え、そこには真実や現実だけが残っていた」。

1番の歌詞では果実に例えていて、自分の見ていたのは表面的なものだけだったことに気づきます。今まで信じて目指してきたものは弾け無くなった喪失感、「それじゃあ、何のために生きているんだ」という疑問が書かれています。

2番の歌詞では花に例えていて、花開き大人になることがどういうことかなんて教えてくれなかったと、嘆きや悲しみに近いような歌詞に思えます。

喪失感、疑問、嘆き、悲しみ、その次に来る感情は何だと思いますか?まあ、怒りしかないですよね。すごく自然な流れだと思います。ただ少し引っかかるのは「未熟な」です。一体何が未熟なんでしょう。

 

未熟な怒り

自分が思ったのは、深く考えず言葉通り、その「怒り」自体が未熟なものだと言っているのでなないかということです。

自分が一体何者か
そんなことも知らなくて
込み上げて来るのは
未熟な怒り

言い含められて真実とはほど遠いものを見ようとしてきた子供だった自分を振り返って、なぜ教えないのかと疑問を持ち、なぜ嘘をついたのかと悲しみ、その先に怒りを覚えても、そこに込み上げている怒りは未熟な怒りでしかない。こんなものは低レベルな怒りだったんだ、と自覚するいうことです。

自分は最初、未熟な自分に対しての怒りと考えていました。Cメロの前後で疑問から怒りに変わるような。しかし歌詞を考えていくうちに、未熟なのは自分で、この怒りさえも未熟なものなんだと悟るような歌詞なのかという考えになりました。そして、ラストの大サビの印象もガラッと変わりました。初めは、怒りの感情なのかなーと思っていました。怒るような歌い方はしていないことに違和感がありましたが、今はなくなりました。怒りというよりむしろ達観していて、冷静に「ならなぜ僕たちは生かされているんだ?」と歌っているような気がします。

f:id:roro46:20180905173509j:image

未熟な怒り、果実にかけているのも納得しちゃいます。比喩すげえ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。「未熟な怒り」、かなり深いなぁ思いました。「半分の記憶」、「最前列へ」、ひらがなけやきの二期生はすごい曲が多いですね。漢字欅とは違った意味で、攻めている曲な感じがします。これがらしさなのかな。坂道で1番後輩ながら、小坂菜緒を中心に漢字欅ともひらがなけやき一期生とも違った世界観が確立されている感じがします。

f:id:roro46:20180905174410j:image

頑張れけやき坂46

頑張れ二期生!

頑張れ金村美玖!

#12 期待していない自分について。

たまに欅共和国2018のセトリで流すんですけど、聴いてる一人で思い出してブチ上がります。「Overture」からの「危なっかしい計画」って凄い盛り上がりますよね。野外ライブ半端ない。

 

こんにちは、Roroです。

 

少し時間が空いてしまいました。でもこのくらい空いた方がなんとなく「書こう!」って気合いが入っていたりします。今思うと、最初の1週間くらいは毎日のペースで更新してたなんて、我ながら凄すぎて。さすがにネタ尽きるわ。

今回は、MV初見で一番圧倒された曲「期待していない自分」について掘り下げたいと思います!

↓↓↓こちらがMVです。

目次

f:id:roro46:20180902171350j:image

 

楽曲について

この「期待していない自分」という曲は、けやき坂46の1stアルバム「走り出す瞬間」の全タイプに収録されている、アルバムのリード曲です。センターは佐々木美玲

けやき坂46は、漢字表記の欅坂46のシングルでオリジナル曲を貰ってはいますが、このアルバムをデビューアルバムとして出しています。世間認知的にも、アルバムのリード曲であるこの曲が、彼女たちの代表作的な位置になるのだと思います。

 

歌詞について

↓↓↓歌詞はこちらです。

道の途中で躓(つまず)いて
振り返って見ても何もない
わずかな段差でもあれば
言い訳できたのに…

いつも僕だけ一人
うまくいかないのは なぜ?
背中丸めて 俯きながら
答えを探そうか?

青空のせいじゃない
ずっと見上げてたわけじゃない
期待しないってことは
夢を捨てたってことじゃなくて
それでもまだ何か待ってること

足元 ずっと見ていれば
躓(つまず)くことなんてないだろう
景色を見ない人生は
幸せなのかな

慎重に生きろなんて
大人たちは言うけれど
行きたい方へ歩きたくなる
いけないことなのか?

雨空は悪くない
傘で空が見えなかっただけ
その日の天気次第で
下を向いたり見上げてみたり
そんな落ち着かない青春よ

いいところ何もない
僕に何ができるんだろう
誰よりも自分のこと
わかってないんだ

青空のせいじゃない
ずっと見上げてたわけじゃない
期待しないってことは
夢を捨てたってことじゃなくて
それでもまだ何か待ってること

 

引用元:http://j-lyric.net/artist/a05c889/l0470e6.html(訂正あり)

自分に期待しないことは、諦めたってことじゃない。要約するとこんな感じだと思います。

はっきり言って、この曲の歌詞は分かりにくかったです。サビ以外は比較的分かりやすい歌詞で「上手くいかない自分に言い訳せず答えを探そう」「自分を信じて前を見ろ」という感じかなと想像しやすいです。しかしサビに注目すると「〜のせいじゃない」「〜ってことじゃなくて」など、否定のつく文章が多くて、最後にも「何か待ってること」と探そうとしている答えを特定しないまま終わってしまいます。「何か」ってすごく漠然としてますよね。でも歌詞を理解していくうちに、注目点が変わってきました。

 

「何か」ってなに?

期待しないってことは
夢を捨てたってことじゃなくて
それでもまだ何か待ってること

分かりやすく言うと、「これからの自分に期待せずにいることは、夢を諦めて立ち止まることではなく、それでもなお何かを期待していることだ」という感じ。

この「何か」ってなんだと思いますか?自分の可能性に期待していなくても、どこかで何かを期待している。矛盾するような意見かもしれないですが、その「何か」って「自分に期待していた」ことなんじゃないかと思いました。Cメロにはこう書かれています。

いいところ何もない
僕に何ができるんだろう
誰よりも自分のこと
わかってないんだ

これからの自分に期待できなくなったとき、人は自信をなくして自己嫌悪してしまうと思います。しかし、そんな自分の可能性を閉じ込めているのは、自身の可能性に期待していない自分だ。そう言っているのだと思います。

 

それしか当てはまらない歌詞

また、サビの頭に使われている「青空」「雨空」にも意味を感じました。

青空のせいじゃない
ずっと見上げてたわけじゃない

これだけじゃ分かりにくいので、先に2番のサビに注目します。

雨空は悪くない
傘で空が見えなかっただけ
その日の天気次第で
下を向いたり見上げてみたり
そんな落ち着かない青春よ

青空と雨空の対比は、期待している自分と期待していない自分の対比なのかなと思いました。傘で空が見えなかったからだと言い訳できる雨空も悪くない。自分への言い訳を正当化できるよね、だって元より期待なんかしていないから、と。自信があるときは夢を見て、自信がないときは諦める。落ち着かない青春って、この表現は本当に「それしかない」って歌詞だと思います。こういう「それしかない」っていう言葉を的確に当てはめてくるのはすごいですよね。半端ないっす。

 

自分以外からの期待

歌詞の全体としては漠然としてて、明確に何かに例えるのは難しい歌詞だなと思いました。そこで自分以外の存在を意識すると、歌詞を完全に理解できたかなと思います。

自分に期待していないつもりでも、無意識に、自分の中にある潜在的な可能性を期待している自分や他人がいること。意識的な期待は「言い訳したり決めつけたり、何もできないと思う自分」がその範囲を制限しているだけで、無意識的な自身の期待や周りからの期待が、自分の夢を繋いでいる。そういう意味がある歌詞だと思いました。深い。

f:id:roro46:20180902213407j:image

 

「何か」の答え

この周りの期待って、すごく大事だと思うんです。自分が自分に期待できなくなっても「もっと先に進めるよ」って応援してくれる人がいたら、自分が思っている以上の力が出せる。その応援は、家族だったりメンバーだったりファンの人だったり。その応援があるから、自分が限界と思っても、夢を諦めずにいられる。自分にこれ以上を無理に期待する必要はないんだ、と。

自分たちが頑張っても報われない日があった彼女たちには、ものすごく刺さった歌詞だろうと思います。「もうみんなで辞めよう」とまでなったという話もあったといいます。自分たちがどれだけ頑張っていても変わらない周りの状況に、もう自分たちのこれからに期待できない。でもそれは、夢を諦めたわけじゃない。それでもまだ「何か」に期待している、「何か」を待っている。その「何か」は、縋(すが)るようなものではなく、自分の知らない可能性を気づかせてくれるもの。それは、聴いた人それぞれに当てはまる言葉で補完されるのが正解なのだと思いました。

 

MVについて

このMVを初めて見たとき、カッコいいが第一印象でした。

特徴的なのは、1番が終わるまではメンバー個々の特技などが散りばめられていて、一人一人が自己紹介するような演出になっています。

例えば、渡邉美穂はバスケットボール。f:id:roro46:20180902223044j:image

影山優佳はサッカー。

f:id:roro46:20180902223128j:image

金村美玖はサックス。

f:id:roro46:20180902223156p:image

他にも、バレーボールをしていたり、カラーガード、バレエ、ピアノなどなど。流れるような映像に魅入ってしまいました。なんというか、部活にも近しいような、青春感の塊です。

1番までは別々の場所で特技を披露していましたが、2番になるとみんなが少しずつ集まり始めます。サビでは全員が揃い、一糸乱れぬ行進のようなダンス。個人的にはそのあとの間奏のカメラワークとみーぱん(佐々木美玲)の表現がすごく好きです。ラストの大サビではビルの屋上で決意したような表情で踊り始めます。最後は一歩踏み出して、そのまま走り出す。アルバムのタイトル「走り出す瞬間」そのもの。

f:id:roro46:20180902224500j:image

このMVの役割って何だと思いますか?はじめに来るのは、もちろん曲の世界観を表現することです。今言いたいのは、役割としてその次にくるもの。そう、それはきっと、彼女たちの自己紹介です。曲の1番にある「自己紹介するような演出」というのが正にそのことです。デビューアルバムとしてアルバムを出していて、この曲はアルバムのリード曲。世間的に見れば、それが彼女たちの代表作。改めてデビューしたことで注目を浴びるのは他のどの収録曲でもなく、この曲です。加えて、このMVはYouTubeに公開されるため、けやき坂46に興味がない人もCDや音源を購入していない人も、誰もがこの曲を聴く機会があるということ。知ってもらうキッカケになりやすいMVに作られているように思います。でもそれがMVの青春感を出していたり、カッコよさがあったり、全てが良い方向に行っていて、完成されたMVだなと思いました。何度見てもカッコいい。

 

まとめ

「期待していない自分」って今まではサビが言いたいことの主旨がイマイチ掴めなくて、これがけやき坂46を象徴するリード曲なのかなーと少し疑問を感じていました。ハッピーオーラがモットーな彼女たちにはクールすぎる曲だなと思っていました。しかしこの曲を理解していく内に、代表作にはこの曲がいいと思うようになりました。

期待すること、しないこと、されることは、全てが隣り合わせであること。自分で自分を閉じ込めているだけで、誰もが自信の持つ本当の可能性を理解していないこと。一人では不可能なことも、メンバーがいるから、応援してくれるファンがいるから、自身の期待以上の結果を出せる。そういうようなメッセージは、曲を聴く側の私たちにだけでなく、歌を伝える側の彼女たちに向けてのものでもあると思います。これからも期待され続けるけやき坂46である限り、彼女たちは輝き続ける、どんな困難も乗り越え続ける。きっと。

f:id:roro46:20180902232730j:image

期待し続ければ、5cmも通れる。きっと。

こういうこと言うと今まで真面目に書いてきたことがパーになりそうで怖いけどやんちゃる好きだからどうしても言いたかった。でも真面目に書くだけじゃブログ面白くないですよね!気休めに最後はボケてもいいですよね!やんちゃる可愛いからオッケーですよね!

#11 イマニミテイロについて。

前置きって大事ですよね。記事を開いてから読む読まないの興味って、大体ここで決まると思うんです。それに、この文章で書いている人がどんな人かもここで想像できてしまう。ブログの冒頭といえば小林由依。つまりなにが言いたいかというと、小林由依が可愛い。

 

こんにちは、Roroです。

 

欅坂46の6thシングル「ガラスを割れ!」のTYPE-Bに「イマニミテイロ」という、けやき坂46の曲が収録されています。自分はこの曲が大好きで、漢字欅の曲と合わせてもトップを争うくらいに好きな曲です。すごく良い曲だと思います。初め聴いた時は反撃の狼煙(のろし)だー!とか思ったくらいでそんなにインパクトがなかったのですが、ひらがなけやきの置かれていた境遇を知ったり、歌詞をよく理解すると、グッとくるものがあります。今回はそんな「イマニミテイロ」についてです。

↓↓↓こちらがMVです(1番までしかありません)

目次

f:id:roro46:20180822081150j:image

 

楽曲について

「イマニミテイロ」は、既に書いたように6thシングル収録曲です。もちろん、ひらがなけやき単独アルバム「走り出す瞬間」にも収録されています。他の曲と違うのは、この曲をもらった当時のひらがなけやき自身のことを歌ったような曲ということです。

#3で書いたように、けやき坂46はアンダーなのか別グループなのか、かなりあやふやな存在でした。またその後、結成の発端となった長濱ねるが漢字欅選任になってからは、さらに厳しい立ち位置だったと思います。そんな中で武道館3daysの公演の最終日、この「イマニミテイロ」を初披露しました。

 

歌詞について

↓↓↓こちらが歌詞です。

ある日 突然 大人たちから
「やってみないか?」って言われて
どうするつもりだ?臆病者よ

今の僕たちじゃ無理だって
もちろん みんなわかってるよ (HA-)

だけど なぜか すぐその場で
喧嘩を買うように頷く
やるしかなかった 正直者よ

きっと試されてるのだろう
無理難題 押し付ければ
絶対 ギブアップするって…

誰かの背中越しに
世の中 眺めてた
自分の番が来ても
パスはできないルール

イマニミテイロ どういう色だ?
唇噛み締めながら頑張って来た色
心の奥で何度も呟(つぶや)いた
言葉は何色? いつの日にかミテイロ

いつか見てたあの夢よりも
実物はこんな大きくて
二の足を踏んだ小心者よ

もっと時間があればなんて
負け惜しみ 言いたくもなるさ (HA-)

誰も超えて行かなきゃいけない
自分の中の橋があるんだ
さあ 渡ろうぜ 腰抜けどもよ

責める者はいないだろうって
自己弁護は見苦しいよね
黙って立ち去ればいい

安全地帯にいて
後悔をするより
たとえ傷ついても
一番前で泣こう

イマニミテイロ どういう色だ?
苦しい時に何度も 夢に見て来た色
願ったことは必ず叶えるよ
気持ちは何色? 言ってみたいザマアミ

無謀だと言われたけど
逃げるわけには いかないんだ
こんなに広い世界で
僕たちは歌う

イマニミテイロ どういう色だ?
唇噛み締めながら頑張って来た色
心の奥で何度も呟(つぶや)いた
言葉は何色? いつの日にかミテイロ

 

引用元:http://j-lyric.net/artist/a05c889/l0471e5.html

武道館3daysは本来、ひらがなけやきが1日、漢字欅が2日、公演を行うという割り当ててになっていました。しかし、平手の怪我で3日間全ての公演をひらがなけやきで行うことになりました。この曲がどの段階でどう書かれた歌詞なのかはわかりませんが、歌詞を見ていると、武道館のことと重なる部分があるように思います。

ある日 突然 大人たちから
「やってみないか?」って言われて
どうするつもりだ?臆病者よ

今の僕たちじゃ無理だって
もちろん みんなわかってるよ (HA-)

だけど なぜか すぐその場で
喧嘩を買うように頷く
やるしかなかった 正直者よ

きっと試されてるのだろう
無理難題 押し付ければ
絶対 ギブアップするって…

想像ですが、「武道館3days全てひらがなけやきの公演に決まりましたので、よろしくお願いします。」みたいなことを言われたとき、ここに湧く感情は「やるしかない」でしょう。無理だ、できない、と思っていても、やるしかない。いや、試されているんじゃないか。これはむしろチャンスなんじゃないか。そういう葛藤や責任感が歌詞につまっていると思います。

 

MVについて

起承転結がしっかりしていると感じました。MVの構成というか区切りというか、その辺が特に。一番印象に残っている構成は、タイトルを出すタイミングです。欅坂46の他のMVを見ても、曲の冒頭や始まる前にタイトルが表示されます。そこで「ああ、始まった」と思うのがほとんど。しかし、このMVのタイトルは1番を丸々歌ってからタイトルを出してきます。その真意は何だと思いますか?自分は、この曲のスタート地点がそこにあるからだと思います。MVは始まるとすぐに短いイントロが流れ、そのまま、ある日突然「やってみないか」と言われた主人公に「どうするつもりだ臆病者よ」「やるしかなかった正直者よ」と投げかけます。その主人公はけやき坂46自身であり、自問自答するように歌います。無理だ無理だと思いながらも、一番を歌い終わるころにはイマニミテイロと、迷いや不安が決意に変わります。このときこそ、初めてスタートラインに立つ瞬間であり、タイトルが意味を持つ瞬間です。そのタイミングでけやき坂46一人一人の表情が映されてから、その背中たちにタイトルが満を持して映されます。

f:id:roro46:20180824172039j:image

カッコいい。

2番からは、決意したあとの心境を歌っていて、心が折れそうになったり、言い訳したくなったりしていることに対して「小心者よ」「腰抜けどもよ」と煽りながらも、前を向いていこうという雰囲気を感じます。Aメロではムキになったような力強いダンス、Bメロで滑らかな何か削られて清々しいようなダンスになります。サビでは、今まで真剣に表現してきた表情とは違った、ステージに立ったメンバーの笑顔が際立ちます。真剣に伝える部分や笑顔が合う場面、この曲の表情の広さを感じます。

曲の最後に「ヒ」のポーズをして笑顔になるみーぱん(佐々木美玲)のシーンも好きで、突っ張っている緊張を解く、安心するような笑顔が素敵だなと思います。

f:id:roro46:20180824171941j:image

もちろん優勝はニャンちゃるめいちゃん。

f:id:roro46:20180824171950j:image

 

まとめ

なんだかMVも歌詞もごっちゃな内容になってしまいました。わかりにくくてすみません。まとめると、当時のひらがなけやきの想いをまじまじと伝えている曲だなあということです。今では漢字欅に負けず劣らずのスーパーアイドルですが、そうでなかった時期があったこと。それが逆に、この曲を生み出して、この曲に味を持たせ、メンバーの心から溢れる表現が本物だと感じられる、最高の楽曲だと思います。

次にひらがなけやきのライブがあれば絶対に行きたいです。ハッピーオーラがモットーなけやき坂46ですが、その真髄にはアイドルとしての確固たるものがあり、それを表現できるのがこの「イマニミテイロ」という曲だと思います。心震わすパフォーマンスを見せてほしいです。

けやき坂46の一部のメンバーは、舞台の公演を行っています。ライブがあるとしたらもう少しあとでしょう。すごく楽しみです。

f:id:roro46:20180825205455j:image

武道館。アルバムの全国ツアー。行っておくべきでした。